ニキビがあるならノンコメドジェニックを使おう

ニキビがあるならノンコメドジェニックを使おう

私がニキビに悩まされるようになったのは小学校4年生の頃からだと記憶しています。
その頃は、母の「皆できるものだから」という言葉を聞き入れて特に何もせず、化粧水などの手入れも大人のすることだとまだまだ思っていた頃でした。
そのため思春期の中学生から高校、大学と常にニキビ顔がコンプレックスになっていました。
中学生の時はまだインターネットが普及し始めたばかりで情報も今より掴みにくかったため、とりあえずドラッグストアに言ってはニキビ予防と書いてある市販薬を試しました。
しかし、求めていた劇的な変化は得られずがっかりしたものです。
それと、私の肌は敏感肌で油分の多い化粧水や乳液をつけると翌日にはニキビだらけになってしまうこともありました。
ニキビケアに有名な化粧品を大学生の時試したところ、湿疹がひどくしばらく皮膚科に通っていた時もあります。
その後はスキンケア用品や化粧品もあまり冒険はせず、化粧でニキビを誤魔化してきました。
しかし、社会人一年目に同僚からフェイシャルエステに誘われ通うことになりました。
そこでニキビに長年悩まされてることを相談すると「まず敏感肌を改善していきましょう」という言葉が返ってきました。
肌質を変えるという概念が今までなかったため驚きました。
それから一年半ほどフェイシャルエステに通い、敏感肌から普通肌に。
それからすすめられたノンコメドジェニックも使っています。
ノンコメドジェニックはニキビができにくいオイルを使っているので、化粧品からファンデーションまですべてノンコメドジェニックに変えました。
人気のノンコメドジェニックはこちら
26歳になった今でもまだ完全になくなったと言うわけではありませんがニキビに悩むことはなくなりました。

化粧品も気にせず使いたいものを使えています。
ニキビができたらその箇所を消すことを優先してしまいがちですが、肌質自体を変えるという方法もあるのだなと感じました。
フェイシャルエステは安いものではありませんでしたが、プロに相談してみて良かったと強く思っています。